学生がお金を借りるには

学費、教材費、サークル活動、就職活動の費用など、学生生活にはかなりのお金が必要になります。親の仕送りやアルバイトをしていても、中々まかなえないときもあるでしょう。そのようなときに、金融会社でお金を借りることができます。ただし、学生ということで限度額に制限が設けられることがあるため、必要な金額をしっかりと計算し、その金額が借りられる金融会社を選ぶ必要があります。

 

学生が利用できる条件は?
学生でも金融会社を利用することはできますが、それには二つの基本的な条件を満たしている必要があります。一つは満20歳であること、もう一つは安定した収入があることです。この二つを満たしていれば、ほとんどの金融会社で申込むことが可能です。しかし、条件を満たしていない場合はどうでしょうか?年齢が問題になる場合は、親の承諾があれば借りられるとしているところを探す必要があります。収入がない場合も、親の収入でも大丈夫なところを探す必要があります。いずれにしろ、かなり厳しいのでどちらの条件もきちんと満たしている状態で申込んだ方が良いでしょう。

 

学生だと審査は厳しい?
条件を満たしていれば、それほど問題ではありません。しかし、融資額に関しては、最高融資金額を10万円や30万円と制限を設けているところもあります。これは学生が不必要にお金を借りて、返済のために仕事に時間を取られないようにするための配慮でもあります。もちろん中には全く上限を設けていない金融会社もありますが、そうだとしても借りすぎない、借りてもできるだけ早く返済できるようにきちんと自分自身で管理することが大切です。

 

金融会社以外の方法もある
学校の費用をまかなうのであれば、銀行や消費者金融を利用する以外にもいくつか方法はあります。奨学金制度を使えば、高額なお金を低金利で借りて、学費として利用することができます。返済は、卒業してから行なうことができるので、在学中はじっくり勉強に専念できます。ただ、この方法も申込めば必ず適応されるわけではありません。また、就職が中々決まらないと、返済に遅れが出て利息が膨らむというリスクも持ち合わせています。しかし、最近では譲渡タイプの奨学金もあるので、探してみると良いでしょう。もう一つは、教育ローンは活用する方法です。教育ローンは、学生本人ではなくその親が申込まなければなりません。親とよく話して了承を貰うことができるなら、そちらを活用するのも良いでしょう。