お金を借りたことで発生しうる問題

お金を借りることは、問題を抱えることでもあります。毎月の返済、借りすぎて大変なことになるかもしれないというリスクは、常に付きまといます。何らかの理由で返済ができなくなることもあるかもしれません。そのため、借金をする前に、メリットとデメリットを把握し、返済プランや発生する可能性のあるリスクへの対応策を練っておく必要があります。

 

お金の借りすぎ
キャッシングやカードローンは、限度額内であれば何度でも繰り返し利用できるシステムになっています。「限度額内」なので、借りた分だけと思う方もいるかもしれませんが、油断していると非常に大変なことになります。引き出すたびに返済プランを立てて計画的に返済出来ればいいのですが、中には最低返済額だけを支払い、ダラダラと使い続けてしまう方もいます。そういう方は利用目的もなく、まるで自分の預金のように使ってしまうため危機感が薄れ、限度額内で収まらなくなると、増枠や新規借入を行なって借金を増やしてしまいます。こうしたことを続けてしまうため、気づいたときには借金地獄にはまっているという状態になってしまうのです。

 

必要以上の出費と返済
ダラダラと使い続ければ、利用は長引き、支払う金額も増えていきます。また、ダラダラ使っていなくても、返済に時間をかけていると支払わなければならない利息が大幅に増えていきます。毎月の支払額はそれほど大きくない場合は気付きにくいので、長年利用しているのであれば、、一度計算してみると良いでしょう。出費が大きいのであれば、素早く返して行けるよう返済プランを練り直しましょう。また完済間近であるなら、完済してから過払い金請求をして払いすぎたお金を取り戻せないか調べることもできます。

 

返済ができなくなる
返済ができなくなる可能性というのは、大なり小なりあります。上記のように、借りすぎたために返済ができなくなることもあれば、リストラなどで職を失い、収入がなくなって返済ができなくなることもあります。借りすぎたものの、まだ返済能力があるのであれば、おまとめローンや借り換えローンを使って、返済しやすくすることが可能です。収入がなくなった場合は、すぐに利用している金融会社に連絡して状況を説明しましょう。新たな就職先が決まるまでは返済金額を減らすなど、何らかの措置を講じてもらえるかもしれません。もっと深刻な場合は債務整理、完全に返せない場合は自己破産という方法を取る必要があります。