主婦がお金を借りるには

共働きの夫婦は、今ではそう珍しいものではありません。しかし、そんな状況でも生活が大変だと感じている方も少なくないでしょう。時には非常に厳しい状況になることもあります。苦しい状況を凌ぐためにお金を借りたいと思う主婦の方もいることでしょう。主婦でも安定した収入があれば、金融会社からお金を借りることができます。職業形態は特に指定されておらず、正社員やパートやアルバイトでも申込むことができます。

 

初めてでも安心の女性専用ローン
お金を借りるのに不安が付きまとうのは普通のことです。今ですらマイナスイメージはそれなりに払拭されていますが、完全に拭えたわけではありません。電話連絡のときに厳しい反応で対応されるのではないか、男性オペレーターと話すのは不安だという方もいるでしょう。大手の消費者金融には、レディースローンや女性専用ローンなど、女性を対象としたキャッシングを扱っています。商品内容は通常の物と変わりませんが、対応してくれるのが全て女性なので、安心して相談や申込みができます。

 

家族にはバレない?
家族、特に夫には内緒で借りたい、と思っている主婦の方もおられるでしょう。金融会社は、顧客の情報を、たとえ家族にであっても開示することはありません。電話連絡でも、消費者金融は社名を伏せたまま個人として連絡してきますし、銀行は銀行名を名乗るもののカードローンの話は一切しません。しかし、返済を延滞し、長い間その状態を放置しておくとハガキなどの郵送物で督促状を送ってくるので、返済はきちんと行なわなくてはなりません。どれだけ気をつけていても何らかの拍子に家族にバレることはあるので、できれば申込む前にきちんと相談して決めたほうが、トラブルを回避しやすいかもしれません。

 

専業主婦でも借りれる?
一部の銀行では、収入がない専業主婦でも借入ができるところがあります。基本的には、仕事をしている配偶者の収入証明書や同意書が必要になりますが、中にはそれらが不要となっている、非常に申込みやすいところもあります。しかし、専業主婦が利用できる銀行は本当にわずかであり、限度額も高くて50万円程度なので、厳しい部分も多くあります。安定した状態で申込みたいのであれば、やはり収入があったほうが良いでしょう。もしくは、国が提供している支援制度を調べて、活用できるものがないか探すのも一つの方法ですが、この場合は特に困窮している人が対象になってくるため、ちょっと厳しいという程度では利用できないこともあります。